【 日々是々 】

昼と夜が一緒の長さ・・・え?昼ってどこから?夜ってどこまで?

どうも、まべです

本日は秋分の日

今日はそんなお話し

台風と共に去る夏


台風一過

今回はなかなかな大きさの台風でしたね

一応、私は無事

雨はよく降ったものの、被害という被害はなかった

とはいえ、台風シーズンは始まったばかり

今回のが14号

例年だと20くらいまで来るのかな?

まだまだ油断はできまへんな(꒪˙꒳˙꒪)

さて、そんな最近ですが

秋も日に日に深まり

風も涼しいから寒いに近くなってきている

本格的な夏の終わり 冬の訪れ

秋どこいった?

実りを味わう季節

秋の実り 〜その2〜

梨・ぶどうを味わっている期間が秋なのでしょう

昼=夜


本日10月23日は秋分の日

昼と夜の長さが同じになる日

ほんまなんかな?

感覚的には昼の方が短い気がする

それも、今までの夏の期間

陽が長かったっというのが理由でしょう

速度の緩急のように

陽も今までの感覚に囚われ

伸びていたものが戻っただけなのに

短く感じるそんな感じなのでしょう

そんなことを考えつつ過ごしていると

そもそも・・・根本的に

昼ってどこから?夜っていつまで?

そんなことを思うのです

基本的には日の出と日の入りなんやろけど

でも、それもなんかしっくり来るような

来ないような・・・

論理的な部分と感覚的な部分の違いを感じますな

理解と納得


頭では理解している

でも、心は納得していない

そういうことってあると思います

特に・・・往々にして

会社員なんてものをやっていると

そんな状況に多々巡り合う

どこかで誰かが言っていた

『自分の心は知っている』

誰かに負担が偏る

自分の心が許せない状況

こういうものは持続性がない・・・と

秋分の日とは全く関係ないものの

理解と納得の違い

少し感じ意識した日

自分の心の声に耳を傾け

素直に生きていけば

毎日がちょっと楽しくなるかもねん(꒪˙꒳˙꒪)

では、今日はこの辺で

また よろしくデス

ブログ村バナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

-【 日々是々 】