【 日々是々 】

残されたものと遺されたものに想いを馳せる

どうも、まべです

気づけば色々なものが過ぎ去り

1年の残りの月日を数えては

1年って早いなぁ・・・

そんなことを思い耽る

これも歳をとったということなのかもしれない

あと3ヶ月

気がつけば半年が過ぎ

秋分の日が過ぎ

期中の半期が過ぎる

すべての半が過ぎ去り

残るは後3ヶ月

今年ももう終わりだな

そんなことを思うわけで

・・・まだ気が早い?

いやいや、そんなことはありませんよ

そんなことを言ってる間に

3ヶ月なんてすぐ過ぎる

思えば人生で一番長かったのって

小学校の6年間だった

そんな思いさえある

あれ、ホンマ長いよ

今思い返しても10年以上 小学校に行ってたんじゃないか?

そんな錯覚に陥るくらい密度が濃かった

やはり、歳をとったもんです

1ヶ月

そんなことを思いつつ

ふと実感する

1ヶ月か・・・

そう、先月9月の2日 夜遅く

実家より連絡があり、岐阜のおじぃがこの世を去ったと知りました

バタバタのうちに準備し

3日の晩の通夜には出れず

4日の告別式になんとか間に合うように走った

そんな日から、もう1ヶ月も経つのです

亡き人との亡き日々に想いを

CHECK

亡き人との亡き日々に想いを

どうも、まべです 今日も少し過去を思い出してみようかな? そんな出来事がありました もくじ1 亡き日々2 亡き人3 遠い記憶4 繋がる全て 亡き日々 亡き日々 と言いつつも、実際に無くなっているわけで ...

続きを見る

まだ昨日のことのよう

痩せ細った穏やかな顔で棺に入り

骨になって最後の姿を見せてくれた

あの日から・・・早いな

自らに置き換える

岐阜じぃの享年は85歳

今生まれたとして彼の歳まで生きても

人生は4432週

なんて・・・なんて少ない数字なんや

そんなことを思う

人生は何事をもなさぬにはあまりに長いが何事かをなすにはあまりに短い

そんな言葉もありますが

数字にすると更に短い

1ヶ月・・・ 4週間

これを1000回繰り返せば終わるのが人の生きる時間

死までの1/1000が終わったのです、このひと月で

厳密に言えば私は0歳ではないので

既に残された命は4000週もない

岐阜じぃの死から私が死ぬまでの期間の差

誤差のような感覚に陥る事実

彼が最後の刻

何かを成したと満足したのか

何も成せなかったと後悔したのか

存分に生きたと思い旅立ったのか

どんな思いを持ってこの世を去ったのか

それは知る由もありません

ただ

何をするにも、しないにも

短過ぎるよ人の世は

そんな風に思ってしまうのです

しかしまぁ

この世を去って

残った人にこれだけの思いを残せている彼は

間違いなく何かを成して遺して逝った

そんな風に思う今日この頃

今年もあと3ヶ月 12週

噛み締めつつ

丁寧に生きていきたいもんですね

では、今日はこの辺で

また よろしくデス

ブログ村バナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

-【 日々是々 】
-,