【 書籍 】

夢をかなえるゾウ 〜ゼロ〜

どうも、まべです

今日は最近読んだ本について

少しお話し

叶える夢がないゾウ


かなり有名な本なのでご存じかもしれませんが

ガネーシャさんが出してくれる課題をクリアしていく過程で

夢が叶っていく そんなお話しの最新作

ゼロ です

他の作品は読んだことがなく

最新作がシリーズ初対面

いろいろなところで取り上げられ

気になってはいたんやけどねぇ

そんな感じで読んでみました

夢とは


今回のお話しは夢を叶えるガネーシャさんが

夢のない若者のところに降り立つところから始まります

夢・・・

よくよく思うと夢を持てだのなんだのと言われることは多いですが

急に問われて即答できる人のが少ない

そんな気がする

実際、私自身もここ数年

何が一番幸せか

何を人生で望むのか

そんなことを考え出して

ようやく、自分の価値観のようなものが固まった気がします

学生時代もその当時としては自分なりに考えているつもりだったんでしょうが

考えれていなかった

特に夢なんて言われたら、無かったなぁ

読み出しからそんな風に感じる本でした

心に残るフレーズたっぷり


書籍の中ではガネーシャさんが

面白くも心の残る

そんなセリフが多数でてきました

様々な言葉や伝え方があれども共通して思うのは

『こんな風に物事を見れたり考えたりできたら』

教えを授ける神様だからこその

目線や言葉

でも、これは自分自身にも取り入れられる

物事は見方を変えるだけで良くも悪くもなる

そんな風に感じるのです

物事の見方や考え方はひとつではない

ツイてるかどうかは自分で決められる

CHECK

ツイてるかどうかは自分で決められる

どうも、まべです あなたは運がいいですか? 運が悪いですか? ツイてますか? ツイてませんか? 今日はそんなお話 もくじ1 運が悪いとは?2 運が良いと言える理由3 物を見る方向だけ 運が悪いとは? ...

続きを見る

相棒と共に


今回のお話しではガネーシャさんと主人公以外に

相棒のバクちゃんが出てきます

いろんな動物が混ざった様な造形をして、夢を食べる なんて言われる子ですね

この子がいい味を出している

面白おかしく盛り上げるタイプの子

でもそれだけじゃなく

ガネーシャさんをしっかりフォローしている

要所、要所でしっかりと存在感があるんです

特にお話の最後まで

しっかりバクちゃんが仕事します

書籍の言葉を借りるなら

パーフェクト・ゴッド 略してパゴ!

のガネーシャさんでも

こういった相棒は必須

あらゆる障害を取り払い、願いを叶える神でも

なくてはならない仲間はしっかりと居る

仲間の大切さ 感じますねぇ〜

日頃の行い


夢を見つける

夢を叶える

なーんて言うと結構壮大で大変そうな話に感じますが

実はそうでもない

事実、ガネーシャの課題もそんな難しいものはなく

え?そんなこと?

みたいに思うものも多数ある

ただ、忘れちゃいけないのは

その課題を1コ1回やればいい

そういうことではなく

これを続けよう

そういう感じのことの方が多いのです

中には1回すればいいこともあるけども

1回やって

これでOK あとは大丈夫

ってワケでもなく

やったことを常に心と頭に留めておく

そんなことを言われている様にも感じたのです

かのイチローさんも言うてます

「ちいさいことをかさねることが、とんでもないところに行くただひとつの道」

何事も積み重ね

ガネーシャさんの課題も

え?そんなこと?

って思う小さなことが多いですが

それの積み重ね

意外と、あらゆる言葉に変わって

色々な教えが世に出てますが

本質的な部分

根っこ は意外と1本なのかもしれませんね

継続は力なり

では、今日はこの辺で

また よろしくデス

ブログ村バナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

-【 書籍 】
-