【 書籍 】

【七匹の太った牛と七匹の瘦せた牛】意識し戒めるためのお話 ~タルムードの小話 ~

どうも、まべです

今日は久々にタルムードシリーズ

< 【タルムード】成功の土台・大原則を学ぶ >

7匹の太った牛と痩せた牛


あらすじ

ある時、エジプトのファラオが夢を見た
ナイルのほとりを七匹の丸々太った屈強な牛が歩いてきて、川のほとりの葦を食べている
その後ろから、七匹のガリガリに痩せ細った牛がやってきて、太った牛を食べてしまった。

ファラオはこの夢が何を意味するのか、国中の預言者や臣下を集めて聞くも、誰も分からない。

たまたま、その時 牢屋に閉じ込められていたヘブライ人が夢を良く当てるということでファラオの前に召し出された。
このヘブライ人こそ、後の最高執政官ジョゼフ

ジョゼフは夢の解釈をこのように告げた
「エジプトにはこれから七年の間大豊作が訪れます。その間は豊作に次ぐ豊作で驚くほど多くの穀物がとれます。
しかし、その後の七年間は大変な不作に見舞われ大飢饉が訪れるでしょう。」

ファラオは「どう対策をすればいいのか?」と尋ねた

ジョゼフはこう答えました
「豊作の七年間、作物を食べつくしてしまうのではなく、飢饉の七年間に備えて可能な限りの備蓄するのです」

ファラオは進言を取り入れ、可能な限りの備蓄を行い豊作の七年間が過ぎ、八年目には予言の通り大飢饉が訪れた。
その大飢饉はエジプトのみならず、全世界を苦しめ多くの国がその富を失った。
ファラオのエジプトだけは豊作の時の備蓄により、長き受難を乗り越えた。

というお話

栄枯盛衰・盛者必衰の理


豊かさの次には貧困がくる

栄える者も枯れ衰えていく

栄枯盛衰、盛者必衰の理

日本にもこんな言葉がありますねぇ

一時の豊かさに乗っかったままだと痛い目を見る

豊かさの次に来る時代を乗り越えられるのは、豊かな時期に準備を行った者だけだよ

そういうお話

スゴイよね

どこの国でも似たようなお話がある

日本にしろタルムードにしろ・・・です

これだけ色々な国で似たような話がされている

なぜ?

簡単に見落としてしまうから


考えられるのは

みんな分かっているけど、出来ないから

話を聞く分には

「そーだよねー 備えは大切だよねー」

となるものの

いざ良い時期に巡り合うと

いけいけ、ゴーゴー!!

あると思います

私も過去に使い過ぎた記憶・・・あるよねー

そして、もっと難しいのが

現状把握

今、来ているのは痩せた牛か太った牛なのか

太った牛が来ているのなら、何匹目なのか

何匹目ってのが中々に分かりにくかったりするんですよね

投資の世界でも当てはまる?


この話を見た時に思ったのが

『投資の世界や』

ブル相場、ベア相場

そんな言葉がふっと頭をよぎる

特にブル(牛)は上昇

良い時期を表すのに使われますね

これって偶然?それとも必然?

ブルベアの語源をたどってみるのも面白いかもですね

そして、更に思う

最近のNY市場

荒れてますねぇ

コロナで一時的に下げたものの

前後で爆上げ

あれは既に牛さん6~7匹目だったんやろな と

今、痩せた牛さん来てます?

それとも思い過ごし?

どうとらえるかは

あなた次第

色んな日常に落とし込める小話だと思います

あなたも意識してみてはいかがでしょう?

どれもいい話ですね

タルムード

では、今日はこの辺で

また よろしくデス

ブログ村バナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

-【 書籍 】
-, , ,