【 日々是々 】

過去の記憶、夏休みってなんだっけ?

どうも、まべです

社会人になると希薄になること

今日はそんなお話

ふとした瞬間に思う


さて、平日休みが増えている最近

そんな平日の朝

外から小学生だの中学生だのの

登下校の声が耳に入ることが多くなります

ただ、ふと思う

最近、静かじゃない?

逆に

昼間にいろんな声が聞こえてくること

多くなっています

あぁ・・・そうか

今って夏休みなのね

そんなことにふと気付く

伝えられて気付く、思い出す


そんなちょっとした気付きを持ちつつ

日々を過ごし

残り少ない退職までの時間を過ごす最近ですが

とあるお方からの連絡がありました

そう、もっくん(꒪˙꒳˙꒪)

私のアイコン製作者のイラストレーターさんです

最近、イラスト垢なるものを作成し

イラスト活動を加速(?)させるのか??

そんな、ふとしたやりとりの中で

彼女から発せられた一言

「夏休みで暇なんですよね」

・・・夏休みって暇だっけ?

暇といえば、暇か

ただ社会人生活も10年過ぎ

夏休みがどんな感覚だったのか

そもそもいつからだったのか

私の記憶の範疇には無いのです

思い出す過去


私で言えば、最後の夏休みは10年以上前

工業高校に通っていた時

期末テストを終え

休みに入っても

翌日にはしっかり学校に居た

・・・補習じゃないっすよ?

夏にある資格試験の勉強だったり

関係のない部活の助っ人だったり

(ちなみに私は帰宅部)

何故か手伝わされていた、先生の雑務だったり

そんなこんなで休みの半分くらいは結局学校だった気が・・・

そして、思い出す

そんな夏休みを送っていたもんだから

親から「休みでも定期代かかってしゃーないわ」のお小言

_( _-ω-)_・・・

今思うと

なんでまーそういうコト言うのかね?

って感じますが、当時は意にも介さず

『やることあんねんからしゃーないやん』

そんなノリですね

そう、やるコトがあったんです

資格試験の勉強にしろ

どこぞの助っ人にしろ

先生の雑務手伝いにしろ

自分のためなり、誰かが必要としてくれている

それは今ではあまりない、とても充実した日々

良いコトやと思うけどなぁ

元々、工業系へ進学するのには反対されていたし

試験代にしろ、参考書代にしろ

何かとお金がかかる工業高校

多分、そこがウチの親的には快く思わなかったのでしょう

これが、親の望む進学先ならば・・・

反応は違ったのかも

この歳になるとそんなことも感じます

考える過去


そんな、人生最後の夏休み

思い出して考える

あの頃って楽しかったんだな と

夏休みの半分くらいを学校で過ごした

と言いつつも

残りの半分は家です

もっくんの言う通り

休みを暇と感じたことも確かにある

家ってやることないですしね

特に私の場合は家の居心地が心底悪かった

部屋に篭ってPCと睨めっこ

MMORPGやるくらいしか能が無かったのです

むしろ、学校で自分の資格勉強しつつ夏休みの課題をして

友人にしろ先生にしろ、誰かの助け

逆に勉強や課題を助けられる

そんな日々が楽しく思う

それは、ある種の自然な感覚

そして

ふとかけられた一言から

忘れていたのにここまで思い出せる

人の記憶力というものは中々だと思います

むしろ、新しいことの方が覚えられていない

・・・これが老化か?

そんなことを思う夏の休みと一言の力

あなたはどんな夏を過ごしてきましたか?

そして、これからどんな夏を過ごしますか?

何が楽しいのかわからない

そんな感覚に陥ることもある現代

そんな時は昔を思い出すことで

少し温かく、楽しい気分になれる

・・・かも

では、今日はこの辺で

また よろしくデス

ブログ村バナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

-【 日々是々 】
-