【 食とお茶 】

悪魔のささやき? いいえ、食に悪魔はいませんよ

どうも、まべです

生きるに欠かせない食事

無くてはならない食

今日はそんな食にまつわるちょっとしたお話

どこでも見かける数字

外食にしろ

買い物にしろ

食にまつわる場で

必ず?ほぼ?

見かける文字・数字

カロリー

あれってなぜ表記されているのでしょう?

ふとそんな事を思ったのです

そして、よく見かける割に

よく知らないカロリー

ちょっと調べてみました

1kcalの定義としては

「1気圧の環境において、1ℓの水の温度を1℃上げるために必要な熱量」

なるほど

これからの時期は特に必要な気がする

体温下がるとあまり良いことも無いしね(꒪˙꒳˙꒪)

そして、何気にみてる100kcalや200kcalという数字

え?100kcalて0℃の水が沸騰するくらいの熱量なん?

結構な力やね

そんな衝撃も覚えるわけで・・・

なんか凄いね! 1kcal

ただ、別の見方をすれば

100kcal摂取して、それだけの熱量を使わなかったら

・・・体に蓄積されていく

故に食にまつわる場でカロリーの表記がされているっぽい

そんな風に感じたちょっとした知識

そこから更に思う

それを見て食べるものを決めるか・・・というと

そうでもない

何とも複雑な気分になる事実

これって私だけ?

世の方々はカロリー気にして食べてんのかな?

「これ〇〇kcalあるんや!!へー!! 食べるのやめよう!!」

とはならんでしょ(꒪˙꒳˙꒪)

どっちかと言うと

「これ〇〇kcalあるんや!!へー!! そうなんや〜」

以上!!

って温度感がほとんどだと思うわけです

これがお値段ならね

みてちょっとウッ・・・ってなるだろうけど

それでも食べたいものを食べる!

そんな方のが多いと思うワケです(꒪˙꒳˙꒪)

悪魔のささやき

そんなカロリーや値段のやり取りを頭の中で行う

悪魔のささやき

なんて表現をされる

天使と悪魔が戦う

なんて言い方をされる場合もあるでしょう

これ食べちゃえよ〜 なんてささやく悪魔と

ゴタゴタと食べない方の理屈を捏ねる天使さん

的なね

私、思うんです

食の場に悪魔は居ません(*・ノェ・)コッソリ

なんなら天使と悪魔が逆だと思う

どんなやりとりを頭の中で繰り広げたって

どんな考えを、食を共にしている人に語ったって

結局は、食べたいもんを食べる

これが一番 満足度が高く、幸せなんす

幸せを提供してくれるものを悪魔と称する

なんだかちょっと違和感(꒪˙꒳˙꒪)

妥協して

食するものを変えたとしても

心に残るのは

「やっぱり、あれが食べたかったなぁ」

そんな想い

後悔な気がする

むしろそれの方が悪魔でしょう

だから天使と悪魔はだと思うし

満足度高い選択をした時

そこに悪魔は居ないわけで

それでもささやく悪魔

そんなことを常日頃・・・

は言い過ぎだけども

たまーに考えるこの私

見つけてしまいました

悪魔のささやきを冠する食べ物・・・ とはいえ今までもいろいろ出てた気もするけど

うん、美味しいんだな(꒪˙꒳˙꒪)!

ちなみにこの日はチョコをいただきました

全てがチョコ

チョコクッキーに

チョコソース

下の方にはチョコアイス

チョコ×3ですが

くどさもなく

とても良いバランスで作られていた

さすがはハーゲンダッツ!!

そして、最近気温も下がってきて

アイスクリームも口に残らず

さらっと食べられる良い季節

これはやっぱり

悪魔の囁きではなく

天使の一品

では、今日はこの辺で

また よろしくデス

ブログ村バナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

-【 食とお茶 】
-