【 書籍 】

【最悪で最良の災難】悪いだけのことはないのです ~ タルムードの小話 ~

どうも、まべです

久々にタルムード

この小話を知ってから

全てがふっと気楽になった

今日はそんなお話

最悪で最良

あらすじ

あるラバイが犬と羊を連れ、聖書を読むためのランプを持って旅をしていた。

一日歩き続け、日も暮れたのでその日に泊まる宿を探していたところ、粗末な納屋を見つけたので今日はそこで泊まることにした。

しかし、寝るにはまだ早いのでランプをつけて聖書を読もうとしたところ、ランプのオイルが切れて灯りが消えてしまった。

ランプがなければ聖書が読めない、仕方がないのでラバイは寝ることにした。

その夜は本当に悪いことが重なった。

連れていた犬は害虫に噛まれて死んでしまい、羊はオオカミに食べられてしまった。

朝になっても乳をくれていた羊はもういない・・・ ラバイは空腹のまま出発した。

しばらく歩くと、とある村にたどり着きラバイは異様な気配に気がついた。

人の気配が全くないのだ。

聞くと、前の晩 盗賊が村を襲い村人たちを皆殺しにして金品を奪っていったそうだ。

そこでラバイは思った

もし、ランプの灯りが消えていなければ自分も盗賊に見つかっていたはずだ

犬が生きていれば吠えて騒いで見つかっていただろう

羊が生きていても騒いで音を立てて気が付かれただろう

自分は『全てを失っていたからこそ、助かったのだろう』

アンバランス


そんな小話

生きていれば、多かれ少なかれ

『 悪い 』と言われる出来事に遭遇するものです

実際、悪いことを目にしたり経験すると

気分が落ち込んだり、イライラしたり

実際、私はイライラしやすい方

ずーっとカリカリしてた時期もあります

今思うとね(꒪˙꒳˙꒪)

それはなぜなのか

思い通りにならなかったり

良くないタイミングで色々と重なったり

というか、悪いことって重なるんですよ

往々にして

あらすじでも書いていますが

その夜は本当に悪いことが重なった

そんなもんなんです

ただ、自分のどこかで

自分は運がいい

と思っている心もあり

その辺りのバランスがおかしくなってくると

カリカリしちゃうのよね(꒪˙꒳˙꒪)・・・

ツイてるかどうかは自分で決められる

CHECK

ツイてるかどうかは自分で決められる

どうも、まべです あなたは運がいいですか? 運が悪いですか? ツイてますか? ツイてませんか? 今日はそんなお話 もくじ1 運が悪いとは?2 運が良いと言える理由3 物を見る方向だけ 運が悪いとは? ...

続きを見る

悪は最も悪な事ではない


もーサイアクだー!!

そんな風に叫びたくなる日でも

このラバイのように、後から思うとよかったこと

もし、ラバイのように『実は良かったんだ』

と、思うことに巡り会えなくても

自分の測り得ないところで災難から逃れていた

この小話を読んでからは

そんな風に考えることができるようになったのです

やはり良いか悪いか

それは物の見方だけ

そんな風に感じる今日この頃

ただ・・・

この小話

読んでいる途中に思ったのは

夜にオオカミ来て、羊だけで済んでる段階でかなり幸運よね

下手すら盗賊云々の前に

オオカミに自分も食い殺されそうな勢い

このラバイかなり運が良かったよね、コレ

そんな風にも受け取ったお話でした

あなたはどう感じましたか?

では、今日はこの辺で

また よろしくデス

ブログ村バナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

-【 書籍 】
-